ストレッチと筋トレで怪我した人はピラティスがオススメな理由!

これはよくクライアントさんからよく聞く悩みです。

  • ストレッチをしていたら怪我をしてしまった・・
  • 筋トレをしていたら怪我をしてしまった・・

今回はこの悩みの原因と対処方法についてお伝えします!

 

ストレッチで怪我をしてしまう理由

いわゆる「伸ばしすぎ」が原因です。

ストレッチ自体は痛みなく、気持ちの良い範囲で行うのがベストです。時間としては10〜20秒に設定しましょう。

それ以上長く、痛みを伴うようなストレッチは「伸ばしすぎ」になります。伸ばしすぎは筋肉の繊維を損傷して炎症を起こします。結果的に筋肉がかたくなってしまうことがあります。この場合は無理にストレッチしてはいけません。ゆっくりと休みましょう。

また、普段運動をしてない人がいきなり筋肉を伸ばしてしまうのもNG。まずはゆっくり反動をつけずに短い時間から始めるのが良いです!

  • 伸ばしすぎない
  • 痛みを出さない
  • まずは10秒から始める

を守ってみましょう。

 

筋トレで怪我をしてしまう理由

これも多くの場合は「負荷が強すぎる」場合です。

ジムで筋トレをする人の多くは「負荷」を用います。ダンベルや重りを使って体に負荷をかけていきます。

この負荷のコントロールがうまくいかないないと負荷が大きくなりすぎてしまいます。また、自身の関節の動く範囲を超えた筋トレも体を壊します。自分の柔軟性の範囲内でトレーニングを行うことが重要です。

  • 自分の体の動く範囲内でトレーニングをする
  • 負荷はいきなり重くしない

 

どちらも体の使い方に問題がある

ストレッチや筋トレの「やりすぎ」には共通の問題があります。

「自分の体の使い方がわからない」という問題、体の認識ができないということです。

 

これを解決してくれるのが、まさにピラティス。

筋肉や関節を絶妙なタイミング、適度な時間だけ動かすことができるようになります。

全身の神経と筋肉が連動して動くようになると、まるで自分の体が10代の頃のように戻った感覚すらあります。

 

ストレッチや筋トレで怪我をしてしまって、運動が怖い・・・という人こそピラティスから初めてみてください^^

 

関連記事

マシンピラティス予約LINE@

オンラインピラティス予約LINE@

PAGE TOP