スタッフ

代表 吉田直紀

リハビリの国家資格である理学療法士の資格を持ち病院勤務経験、ピラティスを用いた独自のトレーニング方法を展開。

日本代表選手・プロスポーツ選手とマンツーマントレーニングも実施。

ピラティスの全てのマシンを使えるN.Pilatesマスタートレーナー。

実績

  • 国家資格である理学療法士経験14年目(整形外科中心に担当)
  • 病院勤務8年(スポーツ整形外科、大学病院、スポーツ現場など)
  • 保有資格:理学療法士、PHIピラティスコンプリヘンシブインストラクター、栄養コンシェルジュ2つ星、etc
  • 大手メディア記事執筆経験あり(みんなの介護、日刊SPA、Hanakomama)
  • NHKテレビ取材、放送経験あり
  • スポーツ選手担当経験多数あり(ジュニア〜アマ〜プロ〜代表レベルまで担当)
  • 年間600人以上のセラピスト指導経験あり
  • 計3万人以上の施術経験あり
  • 医療業界最大WEBマガジン「PHYSIO365」編集長

推薦の声

山口麻美(元日本代表女子サッカー) 

膝をケガしてから約2年半ずっと痛みに悩まされる日々でした。全国の病院を周ったり、手術も繰り返しあらゆる治療などしてきたのですが治らずサッカーを一度辞めました。 そんな中、吉田さんに出会いリハビリを続け、階段などで痛みが強く出る程日常生活でも 支障が伴う状態からまた痛みなくサッカーが出来る状態にまでなってまた現役選手復帰する事が出来ました。

リハビリで痛みなく走れた瞬間の感動は今でも鮮明に覚えています。又、ここでやった事が体のパフォーマンス向上に繋がっているのでケガする以前よりも運動能力が上がり 体の正しい使い方を教えて頂いたのでその後も普段の生活からとても役に立っています。またサッカーが出来るようになったのも吉田さんのおかげです。心から感謝しています。

高田洋平(Func Physio代表 米国理学療法士協会認定整形外科臨床専門医 SCS=米国理学療法士協会認定スポーツ専門医 )

吉田先生にお会いしたのは3年前で、それから日米の理学療法それぞれの良いところ、問題点などを語りお互い話し合いながら切磋琢磨させてもらっています。

吉田先生は既存の病院でのリハビリという概念に囚われることなく、ピラテスと理学療法を組み合わせるという画期的な方法に取り組んでおられ、その真摯な姿勢や、技術については日々学ばせてもらっています。キチンとした知識・技術を元にサービス提供できる吉田先生が、この度、クリニックを新たに持たれると聞き非常にワクワクしています。

今後のご活躍を期待しています。

山口将史(ヴィッセル神戸アカデミーフィジカルコーチ、理学療法士、NSCA-CSCS、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

吉田さんの施術やトレーニングは、お客様の悩みをヒアリングした上で、解剖学や運動学をベースに、ピラティスなど様々な分野の知識やスキルを統合して、個人個人に合ったメニュー作成をされているので、非常にオススメです!

またアスリートに対しても、スポーツに必要な動作から逆算して、身体全体で効率のいい力の発揮や動きのトレーニングを指導されているので、目に見えて効果が現れ、実際のプレーの違いが分かるのは衝撃でした。

筑波大学のサッカー部で僕がトレーナーをしていた時も、良く吉田さんにご相談をして、助けて頂いてました!

爽やかな雰囲気を感じながらも、お客様の悩みに真摯に向き合う熱い姿勢は圧巻です!

是非、一度施術やトレーニングを受けてみてください!必ず行ってよかったと思ってもらえると自信を持って紹介できます!