Nピラティス

茨城県つくば市研究学園5丁目4ー8
メゾンエチュード102

研究学園駅から
徒歩

営業時間
月・火・木~日・祝
10:00~20:00
定休日 水曜

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰を反ったり曲げたりすると痛む
  • 長い時間歩くことができない
  • なんとかして手術を避けたい
  • 痛み止めを飲んでもよくならない
  • お尻〜足までのしびれが辛い

もし上記のような悩みを抱えている1つでもチェックがあり痛みを改善したい方はN.PIlatesへお任せください!

脊柱管狭窄症とはどんな症状なのか?|Nピラティス

何らかの原因で椎間板・骨などによって神経が圧迫される状態です。特徴的な症状としては長時間立っていたり、歩いているとお尻〜足にかけてしびれてしまう間欠性跛行があります。【神経根型】【馬尾型】【混合型】と種類が分かれ、症状も異なります。

病院や整骨院で行う一般的な脊柱管狭窄症の対処や施術とは?|Nピラティス

病院では症状が軽い場合は保存療法、ひどい場合は手術療法の選択になります。保存療法には温熱療法、牽引療法、薬物療法、運動療法などがあります。しかしいずれもあまり効かなくて困っている・・・という方が多いのではないでしょうか。

なぜなら本当の原因は「脊柱管を狭くしない姿勢」が重要だからです|Nピラティス

「脊柱管を狭くしない姿勢を整えること」、「痛みが出ている部分に対しての筋膜施術」が重要になります。いわゆる猫背や反り腰のように背骨のS字カーブが崩れていると、脊柱管自体の狭さにも影響します。脊柱管自体が狭くなれば、神経にストレスを加えて痛みが出現します。まずはこのストレスを取り除いていきましょう。

なぜ当店では脊柱管狭窄症に対応できるのか?|Nピラティス

N.Pilatesでは背骨のS字カーブを元の状態に近づけるようにピラティスをおこないます。また硬くなりすぎている筋肉に関しては筋膜施術をおこない、動きをスムーズにしていきます。また、画像検査では説明できない痛みは筋膜や皮神経による問題もありますので、こちらも施術をメインに対応させていただきます。

TOPへ戻る