Nピラティス

茨城県つくば市研究学園5丁目4ー8
メゾンエチュード102

研究学園駅から
徒歩

営業時間
月・火・木~日・祝
10:00~20:00
定休日 水曜

コラム

スタッフブログ

側弯症に対するピラティス4回目の変化!つくばNピラティス!

側弯症に対するピラティス4回目の変化!つくばNピラティス!

側弯症でお悩みを抱えたクライアント様の変化です。

左側がbefore・右側がafterになります。

4回目のセッションでこのような変化がみられます。(※個人差があるため効果を保証するものではありません。)

 

側弯症の原因も対処方法も

側弯症になってしまう原因は人それぞれです。

側弯症のチェックには

  • 頭の傾き
  • 肩、肩甲骨の高さ
  • 肩甲骨の内側が浮き出ているか
  • 背骨のねじれ
  • ウエストラインの左右差
  • 骨盤の高さ
  • 肋骨の凹凸左右差

このあたりを確認して、

  • 弱くなっている筋肉
  • 硬くなっている筋肉
  • 変化が加えられそうな部位

を特定していくことがポイントになります。

 

今回のクライアントさまは

  • 股関節
  • 背骨
  • 体幹筋力

を中心に整えていくピラティスエクササイズを組み立てていきました。

 

現在は8回のピラティスが終わり

  • 歩幅が広くなる
  • 歩きが安定する
  • 背骨周りの痛みがなくなる
  • 立つときに何もつかまなくても立てる
  • 歩きやすい

などの変化がありました。

 

少しでも側弯でお悩みの人のお役に立てればと思います

 

 

→Nピラティスが行う側弯症に対するさらに詳しいケアはこちらから

TOPへ戻る