Nピラティス

茨城県つくば市研究学園5丁目4ー8
メゾンエチュード102

研究学園駅から
徒歩

営業時間
月・火・木~日・祝
10:00~20:00
定休日 水曜

コラム

スタッフブログ

脊柱管狭窄症の痛みを手術しないで解決できる方法?つくばNピラティス!

脊柱管狭窄症の痛みを手術しないで解決できる方法?つくばNピラティス!

脊柱管狭窄症ですね。。。と言われてしまい。

手術しかないんじゃないか?と思ってしまう方へ。

 

脊柱管狭窄症で辛かった症状が施術やピラティスで変化することがあります↓

しっかりと症状を知り、対策を考えていきましょう!

脊柱管狭窄症ってどんな病気なのかわかりやすく教えて!

背骨の中に管があり、その中に「脊髄」という神経の元となるものがあります。

この脊髄に刺激が加わると以下のような症状・特徴を引き起こします。

  • 下半身のしびれ、脱力、痛み
  • 歩いていると辛くなり、休むと楽になる間欠性跛行が特徴的
  • 前屈すると楽になる立つとキツくなる
  • 尿や排泄がうまくいかない「膀胱直腸障害」がおこる(この場合は整体ではなくすぐに病院にいきましょう。当店でもお断りさせていただきます。)

脊柱管が狭くなると色々な症状を引き起こす=「脊柱管狭窄症」と呼ばれます。

 

では脊柱管が狭くなる原因はなんでしょうか?

  • 生まれつき脊柱管が狭い
  • 背骨の関節自体の変形
  • 背骨のずれ(腰椎すべり)
  • 椎間板ヘルニア
  • 動きとしては「背骨を反る」と狭くなる

などがあげられます。

 

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは手術しなくてもいいの?

これは医師の判断が最重要です。

  • 日常生活に支障が出るほど痛みやしびれが辛い場合
  • 尿や排泄がうまくできなくなっている
  • 脱力が強くなっている

このような場合は手術を検討することがあります。しっかりと話し合いましょう。

 

脊柱管狭窄症の3つのパターン!あなたはどのタイプ?

脊柱管狭窄症のパターンには大きく3つあります。

1馬尾型

脊柱管の真ん中を刺激して、両方の足にしびれや痛みを引き起こすパターンです。

2神経根型

神経の根っこの部分に刺激が加わり、片方の足にしびれや痛みを引き起こすパターンです。このパターンは施術、運動、ストレッチでよくなる可能性が高いパターンです。当店でもこのパターンの場合には効果的なケアが可能です。

3混合型

1と2の両方の混合パターンです。改善しにくい馬尾型でも、神経根型の症状が混ざっていれば、その症状は手術をしなくても軽減できることがあります。

 

脊柱管狭窄症の痛みとしびれが楽になる条件

1神経根型である場合

片側だけの症状がある神経根型の場合は痛みとしびれが楽になる条件の1つです。

 

2筋、筋膜の影響が大きい場合

実は、神経の圧迫では痛みは起こりません。(例外は神経の炎症や損傷です)

神経自体に痛みを感じるセンサーが存在するわけではなく、周りの筋肉、筋膜、腱、骨、靭帯などに存在するセンサーが感知して、痛みとして脳へ伝えます。

つまり、痛みを訴える場合には筋・筋膜の問題の可能性が高いということになります。

この場合の痛みやしびれは施術や運動でよくなります。

 

3姿勢の問題

椎間板が脊柱管を狭くしている場合で、座っている時間が長く、猫背のような不良姿勢がある人も改善される可能性が高いです。椎間孔という神経の通り道が狭くなっている場所を広げると楽になります。

 

つまり、脊柱管狭窄症の痛みとしびれが楽になるパターンは

  • 主に神経根型
  • 筋、筋膜の問題
  • 椎間孔の問題

の要素が大きい脊柱管狭窄症です。

ではさらに深掘りしていきます!

 

脊柱管狭窄症の痛みを楽にする方法は?

上記の条件が揃っている上で。

  • 腰を丸める運動を行う
  • 腰以外の胸椎を動かす運動を増やす
  • 腰の安定性を高めるためにインナーマッスルを鍛える
  • 腰につながる骨盤、股関節のストレッチを行う

この辺りが重要なケアになっていきます。

ただ、やはり、原因と症状と個人個人の体の分析が必要なので、最初に専門家にみてもらうことが大切になります。

 

脊柱管狭窄症に対するNピラティスのケア

  1. 脊柱管狭窄の症状をしっかりとカウンセリングする(原因を分析する)
  2. 背骨のストレッチを行う(椎間孔を広げる方向の運動を行う)
  3. 背骨周りの筋肉の施術を行う(血流障害を起こしている筋肉に対して)
  4. 骨盤の動きやすい状態を作る(椎間板のストレスを減らすために)
  5. マシンピラティスで姿勢、骨盤、背骨を整える(全体の調整)

という順序でおこないます。

症状をみて一人一人にあった方法で進めていきます。

ぜひ脊柱管狭窄症の痛みでお困りの方はNピラティスへお越しください。

国家資格をもった専門家が対応させていただきます。

TOPへ戻る